分子生物

opn

分子生物

cls

製品情報
会社情報
採用情報
環境・社会活動

分子生物学文献

分子生物学原理

石炭は、鉄鉱石から鉄の成分を取り出す工程で欠かすことのできない材料です。かつて、熱源・動力源として時代を牽引し、産業の近代化に大きな役割を果たした石炭ですが、一時期、オールド資源と考えられていたこともありました。しかし、いま石炭は、様々な素材を生み出すことのできる豊かな可能性を持ったマテリアルとして注目されています。 燃料からマテリアルへ。それを可能にしているのが、JFEケミカルが取り組んでいる「石炭化学」です。 たとえば、石炭を乾留させることで得られる「コールタール」。 JFEケミカルの取り組みは、このコールタールに多種多量に含まれる芳香族化合物を蒸留・分離・精製することで、世の中の役に立つ成分・物質を取り出すことから始まりました。その中には、他では得られない独自の特性を持ったものもあり、私たちは、日々研究を進め、化学の力を生かすことで、社会が求める新しい製品を次々と創り出しています。

「石炭化学」のテクノロジーで、未来に挑む

悲伤的分子生物学含义

JFEケミカルの製品は、JFEスチールで鉄鋼製品を製造する過程で発生する「コールタール」「ガス」「酸化鉄」等を原料にしています。鉄を生産する上では“副産生成物”扱いとなるこれらの物質ですが、JFEケミカルは化学の力を駆使して、これら副産生成物を成分ごとに分離し、新たな素材へ生まれ変わらせています。 こうして生まれたJFEケミカルの製品は、さらに用途に合わせて姿を変え、暮らしを支える多種多様な製品に活かされています。
先端技術にも、私たちの製品は活かされています。携帯電話やパソコンに使用されている「リチウムイオン2次電池用負極材」、各種カメラに使用されている「光学樹脂原料」などはその代表例です。 自動車が電気で走る時代。JFEケミカルでは、次世代自動車に貢献する製品を、石炭化学の分野から開発する研究も行っています。私たちはこれからも、石炭化学だからできること、そして、JFEケミカルにしかできないことを追求し、次代のニーズに応えるユニークな製品を開発・提案し続けます。

「副産生成物」を化学の力で新しい製品へ
「副産生成物」を化学の力で新しい製品へ